Gipiemme

Gipiemmeは、1964年ミラノに設立された一連の機械工場群でした。

設立後しばらくして、最終生産までを含めた第3者への自転車パーツ・部品の設計・製造に焦点を当てることにより、 Gipiemmeは完全な自転車企業体となりました。 The most famos, bagar, cronosprint, alto and azzurro.

数年間で、多種多様な製品における技術開発を続け、世界の主要な自転車総合グループ企業の中で認められる存在となっていました。
80年代、Gipiemmeは、自転車部品をさらに専門的で高度なものへと変化させます:
1980年、フォークのようなフレーム部品の生産を開始します。
1984年、初のCarbon(炭素繊維)を完全な原材料とするホイールを製造します。
翌年1985年、Cronoでトラック用の専用ホイールの初生産を開始します。

これらのガラス繊維による革新的なホイールは、その典型的な"lens"(レンズ)のような形状から "Lenticular"(レンチキュラー)と呼ばれました。
これがその後続く晴らしい製品の開発の道のりにおけるスタート地点となります。

1989年、Gipiemmeは航空科学技術により生み出されたアルミニウムとカーボン繊維製の光り輝くホイールの独占生産を開始します。
1992年に、従来からのスポークホイールを1から変えた一連の製品、 Tecno 416を創り上げました。
1999年には、CNC(コンピュータ数値制御)による3つと4つの部分から再形成されたスポーク付きホイール光り輝く初のホイールを発表します。

そして2002年、Gipiemmeは、独自のSBS(Short Breaking System)の世界規模での展開と販売を実施します。
SBSは、安全な走行安定性(ロードホールディングス)を維持しながら、ブレーキ(制動)距離の縮小を可能にしました。

GipiemmeそしてNisiによるリム、ホイール、サドル、ハンドルレバーは、純正のイタリア製になります。
ヴェネト州ヴェネツィア近くの町ローリアで生産されております。